男性、女性の白髪染めの危険性とは・・・

男性、女性の白髪染めの危険性とは・・・

驚く女性

女性の場合は男性よりも白髪染めなどのヘアカラーはしないほうがいいと言われています。

 

 

女性は白髪染め、おしゃれ染めはしないほうがいい?

 

女性の場合は男性よりも白髪染めなどのヘアカラーはしないほうがいいと言われています。

 

なぜなら、赤ちゃんを産むからです。

 

白髪染めの危険性はこちらのページに書いていますが、この白髪染めの毒性やダメージは人間に蓄積されていきます。

 

新生児

毒性が蓄積されている状態で妊娠すると、蓄積された毒性によって胎児の発達が遅れる可能性、免疫系に異常が出たり、何かしらのアレルギー障害がある可能性が高くなります。

 

特に妊娠中の白髪染めの場合はダイレクトに毒の成分が体内に取り込まれるため、赤ちゃんへの影響は強いということもすでにわかっています。

 

これから出産予定がある、または妊娠中の女性の方は特に白髪染めなどのヘアカラーを使うことはオススメ出来ません。

 

 

妊娠中以外の女性や男性の場合も要注意

 

ドラッグストアなどで買える市販の2液性の白髪染めのなかに含まれている薬品の中には環境ホルモンも化学薬品に含まれているので、女性には乳がん、不妊の恐れ、男性には精子の減少傾向、精子の生命力低下、最悪インポテンツになるということもあります

 

ヘアカラー自体に人気が出て使われだしてまだ10〜20年ぐらいです。
ヘアカラーの毒性の問題もこれから本格的に浮き彫りになってくるのではないでしょうか?

 

 

それでも美容院や自宅で白髪染めをするということなら止めることはできません。

 

せめて安全性の高いトリートメントタイプの白髪染めを使うほうが良いと思います。

 

男性、女性の白髪染めの危険性とは・・・関連ページ

白髪染め、おしゃれ染めの毒性はこんな病気になる可能性が
白髪染めの成分表示に、これらの成分が入っていると要注意。危険な成分と、それによって起こる副作用をチェックしましょう。
注意!白髪染めの副作用、知られてない危険性って?
白髪染めの危険な成分の影響は性別によって若干異なる部分があります。特に女性は要注意。女性にしか影響しない危険性って?

トップページ 白髪染めの危険性 安全な白髪染め 白髪の基礎知識